婚活・結婚相談所で使われる用語まとめ

2 min

結婚相談所では普段使わない独特な用語があります。

そこで、主に結婚相談所において使われる用語をまとめてみました。

用語まとめ
  • コンシェルジュ
  • 仲人
  • カウンセリング
  • データマッチング型
  • コネクトシップ
  • 仮交際・プレ交際
  • ファーストコール
  • 真剣交際
  • 成婚退会
  • 成婚率
  • 成婚料
  • 独身証明書
  • 年収証明書
  • 卒業証明書・修了証明書

一つ一つ調べるのは大変だと思うので、参考にしてみてくださいね。

コンシェルジュ

結婚相談所で婚活をサポートをしてくれる担当者のこと。

例えば、大手の結婚相談所「パートナーエージェント 」では成婚コンシェルジュと呼んでいます。

仲人

コンシェルジュと同様、結婚相談所で婚活をサポートしてくれる担当者のこと。

お見合いの日程調整や当日の待ち合わせまで同行してくれたりもします。

仲人さんは主に個人で経営している結婚相談所に多いです。

カウンセリング

婚活の悩みや相談を担当者の方と行うこと。

定期的にカウンセリングを行う場合もあれば、希望してカウンセリングをする場合もあります。

データマッチング型

結婚相談所の種類で、事前に登録した条件に合う人を自動的に紹介してくれるもの。

データマッチング型の結婚相談所は料金が安い傾向があり、希望する条件の人を検索することも可能です。

コネクトシップ

違う結婚相談所の会員を検索することができる仕組み。

コネクトシップ に登録している結婚相談所同士では、相談所を超えてお見合いの申し込みや紹介を行うことができる。

大手結婚相談所のパートナーエージェントをはじめとして、

  • パートナーエージェント
  • ゼクシィ縁結びエージェント
  • エン婚活エージェント

などの結婚相談所がコネクトシップ に登録しています。

仮交際・プレ交際

一般的にいう「友達」の関係。

お見合い後、両者がまた会いたいとOKした場合に、連絡先が交換できるようになります。

最初はあくまで連絡先を知っている程度の関係なので、恋人のように振る舞うと交際終了になる可能性が高いです。

またこの期間は、複数人と仮交際をすることが可能です。

仮交際でデートを重ねていき、真剣交際や成婚退会に進んでいきます。

ファーストコール

お見合い後、両者がOKして仮交際に進んだ際に、男性から女性にかける最初の電話のこと。

これを行うかどうかは結婚相談所によるため、必ずしもファーストコールをするわけではない。

どちらにせよ、メールでもいいので早めに次に会う日を決めちゃった方がいいですよ。

真剣交際

一般的にいう「恋人」の関係。

もしくは複数人いる仮交際のなかから一人に決めてお互いの関係をより深めていくこと。

ここまでくれば結婚までかなり近くなります。

成婚退会

結婚相談所で結婚相手を見つけ、相談所を退会すること。

成婚条件は結婚相談所によって異なります。

「プロポーズ・婚約」「結婚することのお互いの意思確認」の2パターンがほとんどです。

成婚率

一般的な意味は結婚相談所で活動している人が成婚できる確率。

結婚相談所全体では約10%くらい。

ちなににマッチングアプリ は10%未満くらいです。

また結婚相談所によって成婚率の定義が異なるため、安易に比較するのは危険です。

成婚料

成婚した際に結婚相談所に支払う料金。

結婚相談所によって異なり、0円のところもある。

独身証明書

独身であることを公的に証明する書類。

本籍のある市区町村の役所で発行できます。

結婚相談所に登録している方はこれを出すのが必須となっています。

年収証明書

年収を証明する書類。

源泉徴収票、確定申告書、給与明細などが該当する。

結婚相談所によって年収証明書として受理してもらえる書類が異なるため注意が必要です。

卒業証明書・修了証明書

大学・大学院を卒業・修了したことを証明する書類。

出身大学の窓口で発行できます。

まとめ

「婚活・結婚相談所で使われる用語まとめ」でした。

婚活独特の言い回しだったりするので最初は分かりづらいかと思います。

参考になれば幸いです。

関連記事