仮交際の進め方。相手とどんなデートをしていくべき?

3 min

お見合いが成功し、仮交際に進むとデートを重ねていくことになります。

デートで失敗してしまうと即交際終了となりますので、どんなデートをして仲を深めていくのかがとても重要です。

ですが、

  • どんなデートをすればいいのか?
  • 何回くらいデートをすればいいのか?
  • デート中にどんな話をすればいいのか?
  • どのくらいの頻度でデートをすればいいのか?

という部分がわからない方も多いかと思います。

私も最初は、

どうやって距離を詰めていけばいいんだろう?
人によって違うのはわかるけどモデルケースがあればなぁ

と思っていました。

どんなデートを重ねていけばいいのかわかるだけで、成婚退会までのイメージも具体的に湧いてくると思います。

ということで、結婚相談所で活動し成婚退会した私が

  • 仮交際から真剣交際までのデート内容・回数・頻度
  • デート中に話しておくこと

について説明していきます。

仮交際のデートのイメージを知っているだけで、真剣交際・成婚退会に繋がる可能性も高くなると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

仮交際から真剣交際までのデート内容・回数・頻度

理想は次の通りです。

理想の内容・回数・頻度
  • 内容:楽しみつつ徐々に深い話ができる
  • 回数:5回
  • 頻度:週1回

一般的に、男性は初対面から気持ちが上がりますが、女性は徐々に気持ちが上がっていきます。

そのため男性はお見合い後に舞い上がってしまい、いきなり馴れ馴れしく振舞ってしまうこともあります。そうなると女性は「彼氏でもないのに馴れ馴れしい」となり、初デートで交際終了となってしまいます。

そのことを踏まえると、「週一回ペースで5回くらい」デートをして関係を深めていくのがおすすめです。

これらを元に、理想のモデルケースを作成してみました。

  1. STEP

    仮交際成立後

    • すぐに連絡を取る
    • お礼と次回に会う約束をする

    できれば翌週の土日どちらかの昼の予定を取る

  2. STEP

    1回目のデート

    • 休日の昼にランチ
    • 2時間くらいで解散
    • お見合いの内容をベースに雑談
    • 好きなことや興味があることを聞いておく

    1週間後の土日の昼間の予定を取る

  3. STEP

    2回目のデート

    • 休日の昼にランチとカフェ
    • 3,4時間くらいで解散
    • 1回目と同様に雑談
    • 結婚観についても開示していく

    1週間後の週末の夜の予定を取る

  4. STEP

    3回目のデート

    • 週末の夜にディナー
    • 3時間くらいで解散
    • 将来についての話もしていく
    • お酒を飲む場合は酔いすぎない程度に

    1週間後の週末の予定を取る

    この辺りで担当者の方に相手の温度感を確認しておきましょう。

  5. STEP

    4回目のデート

    • 週末に半日おでかけ
    • お相手が好きなことや興味のあることをやってみる
    • お相手との結婚生活をイメージしながら楽しむ

    1週間後の週末予定を取る

    ここでもう一度、担当者の方に相手の温度感を確認しておきましょう。

  6. STEP

    5回目のデート

    • 週末に半日お出かけ
    • 真剣交際に進みたいことを伝える

こんな感じです。

ポイントは、「デートのときに次の約束をする」ことです。

あとでLINEなどのやり取りをするのは面倒ですし、次があるのならその場で決めた方が良いです。誘ったときの相手の表情もわかりますし。また、もし相手が断るつもりなら、はぐらかしてきますので。

中村

中村

場所を決めるためにLINEで何度もやり取りをしているとテンションも下がってしまいますよね。

また、順調に交際が進んでいると、途中で「真剣交際に行けそうかも?」と思うかもしれません。ですが、早まらずに必ず担当者経由でお相手の温度感を確認するようにしましょう。

事前にお相手の温度感を知れるのは結婚相談所のいいところですので。

デート中に話しておくこと

デート中に話しておきたいことは、

  • 将来のこと
  • 家族のこと
  • 次回の日程調整

この3点です。

将来のこと

みなさん結婚するために活動していると思いますので、将来の話はするようにしましょう。

例えば、

将来のこと
  • 仕事について
  • 子供について
  • 理想の家族像について

などです。

相手に聞いてばかりにならないように、自分から開示しつつ話すようにしましょう。

また、最初からどんどん話しても引かれてしまいますので、様子を見つつ聞いていくようにしましょう。

家族のこと

結婚は「家同士の結婚」と言われるくらい、家族については重要になります。

もちろん当人同士が良ければそれでもいいのですが、家族の反対を押し切って結婚するのは大変だと思います。

そのため、お相手の家族についても聞いておきましょう。

ただし、仮交際の段階で具体的なことまで聞いてしまうと引かれてしまいます。

家族構成と年齢、どんなことが好きか・嫌いかくらいまで聞ければ十分かと思います。あとは真剣交際に入ってから聞くようにしましょう。

もちろん自分の家族についても話すようにしましょうね。

次回の日程調整

繰り返しになりますが、日程調整をLINEでするのは面倒です。何度もやり取りをすることになりますし、文章を考えたりもしますので時間がかかります。

これだとテンションも下がってしまいますので、デートの段階で次回の日程調整をしておくといいです。

またこの時、お相手の反応を見ることで、自分に対してどのように思っているのか何となくわかります。もしお相手が乗り気じゃなさそうであれば、深く突っ込まず日程調整するのは諦めましょう。

中村

中村

「いつも自分が誘っているから」と、変に駆け引きをしないのがコツです。誘いたいなら誘いましょう。

まとめ

今回は、仮交際中のデートの進め方について紹介しました。

理想の仮交際の進め方は次の通りです。

理想の内容・回数・頻度
  • 内容:楽しみつつ徐々に深い話ができる
  • 回数:5回
  • 頻度:週1回

ちなみにこれが理想ではありますが、必ずしもこの通りいきません。

お相手の関係の深まり方によって、少ない回数になることもありますし、多くなることもあります。

結婚相談所には担当者の方がいらっしゃると思いますので、随時相談しながら進めて行きましょう。

関連記事