仮交際中のLINEやメールのやり取りについて。頻度や話題はどうする?

3 min

お見合いが成功し、仮交際に進むとLINEやメールでやり取りすることになります。

この頻度や話題によって、「早く会いたい」となるのか「会うのが憂鬱だな」となるのかが決まってきます。

ですが、

  • どのくらいの頻度で連絡すればいいのか?
  • どんな話題でやり取りすればいいのか?
  • 逆にメールを全く送らないのはいいのか?

という部分がわからない方も多いかと思います。

私も最初は、

会う前から嫌われてしまったらどうしよう?
どのくらいのペースで連絡すればいいんだろう?

と思っていました。

どのくらいの頻度で送るか、どんな話題でやり取りをするかで、お相手の次回のデートのやる気も変わってきます。

ということで、結婚相談所で活動し成婚退会した私が

  • どのくらいの頻度で送るべきか
  • どんな話題でやり取りすべきか
  • 個人的に気をつけていたポイント

について説明していきます。

LINEやメールでのやり取りで失敗してしまうことも多いと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

どのくらいの頻度で送るべきか

ズバリこれ!といった頻度はありません。

1日に何往復もする人もいれば、数日に1往復の人もいます。人によってそれぞれ違います。

ですが、あえて言うとしたら

目安は1日1往復

かなと思います。

婚活中ですので、お相手は複数の方と仮交際に進んでいる可能性があります。

そうすると、お相手は複数人と何度もやり取りしているはずです。

この時に、1日に何度もLINEやメールが来たらイヤになりませんか?

ということで、目安は1日1往復かなと思います。

私の場合も1日1往復で、朝夜1通ずつでLINEのやり取りをしていました。

どんな話題でやり取りすべきか

LINEやメールでやり取りすべき内容は次のとおりです。

やり取りすべき内容
  • 次回のデートの日程調整
  • 次回のデートについての話
  • 日常の話

次回のデートの日程調整

一番重要な内容です。

次回会う予定を決めていないのであれば、まずは日程調整をしましょう。

日程調整さえ終わっていれば、もう当日までやり取りをしなくてもいいんじゃないか?というくらい大事です。

次回のデートについての話

次回のデートについての話もしておいた方がいいです。

そうすることで、どんなデートなのかな?と想像できますし、楽しさが増します。

例えば、ランチデートであれば、「次回行くお店はこの料理が美味しいみたいですよ」などと伝えておくとテンションも上がります。

私はデートの日程が近くなって来るとこの話題をするようにしていました。

日常の話

日常の話をするのもいいです。

日常の話をすることで、お相手がどのような生活スタイルを送っているのかイメージできます。

結婚生活もイメージできますよね。

ちなみに「日常の話」と言うと、「自分語り」をしてしまう方もいるかと思いますが、それはNGです。返信しづらいです。

個人的に気をつけていたポイント

最後にLINEやメールのやり取りで個人的に気をつけていたポイントを紹介したいと思います。

気をつけていたポイント
  • 日程調整に時間をかけすぎない
  • メッセージの量や絵文字は相手に合わせる
  • 時々お相手の名前を入れる

日程調整に時間をかけすぎない

日程調整のやり取りに時間がかかればかかるほど、次会うのが面倒になってきます。

あなたもそのような経験はありませんか?

「その日はまだわからないからまた連絡するね」みたいに言われると、もう会いたくなくなりますよね?

なので、日程調整に時間をかけすぎないようにしましょう。

コツは、

日程を複数提示する

ことです。

こうすることで無駄ややり取りを減らすことができます。

また、できればデートの際に次回のデートの約束を取り付けておきましょう。

そうすることで日程調整のやり取り自体が不要になります。

メッセージの量や絵文字は相手に合わせる

一文に対して長文で返信があったり、絵文字を入れすぎのLINEが来ると引いてしまいます。

何気ない一言で送っただけなのに、めちゃくちゃな長文が来るとちょっと引きますよね?

また絵文字を全然使わないのに、相手が絵文字をバンバン入れたLINEを送ってきたらびっくりすると思います。

なので、メッセージの量や絵文字は相手に合わせるようにしましょう。

私は絵文字を普段使わなかったのですが、お相手が使っている場合は絵文字を使うようにしていました。入れる数や種類はお相手に合わせるようにしていました。

時々お相手の名前を入れる

名前を言ってもらうと自分に語りかけてくれてる気持ちになります。

気になっている人に名前を言ってもらってイヤな気分になる人はいないと思います。

なので、時々お相手の名前を入れるようにしましょう。

自分について話したなと思ったら、「〇〇さんはどうですか?」みたいな感じで入れるといいです。

これだと「自分語り」になることも防げますし、お相手も自分のことなので返信しやすいと思います。

まとめ

今回は、仮交際中のLINEやメールについて説明しました。

ポイントは次のとおりです。

ポイント
  • 頻度は相手に合わせる
  • やり取りの内容は日程調整や日常の話題など
  • ただし日程調整に時間をかけすぎないこと
  • メッセージ量や絵文字は相手に合わせる
  • お相手の名前を時々入れるようにする

LINEやメールが続けば、デートができなくても関係を深めることが可能です。

参考になれば幸いです。

関連記事