婚活で男性ウケが悪い趣味とウケが良い趣味【男性目線で語ります】

4 min

お見合いの時になるべくウケが悪い趣味を書くのは避けたいところです。

とはいうものの、

  • 具体的にどんな趣味だとウケが悪いの?
  • 逆にどんな趣味がウケが良いの?

など、気になる部分が多いかと思います。

無理して今の趣味を変える必要はありませんが、結論から言うと次のとおりです。

ウケが悪い趣味
  • お金がかかりそうなもの
  • 一緒に楽しめなさそうなもの
ウケが良い趣味
  • お金がかからなさそう
  • 一緒に楽しめそう
  • 男性にメリットがありそう

ということで、この記事では

  • 男性ウケが良い趣味と悪い趣味

について説明していきます。

これからプロフィールを作るときに、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちなみにここで紹介している趣味を否定するわけではありません。嘘の趣味を作る必要もないです。お見合いの申し込み段階では数千人のうちの1人なわけですから、簡単に敬遠されやすいということです。仮交際に進んでから言えば敬遠されづらいと思います。要は言うタイミングです。

男性ウケが悪い趣味

男性ウケが悪い趣味は次の通りです。

  • ゴルフ
  • ショッピング
  • オタク系の趣味
  • 海外旅行
  • ディズニーなどのテーマパーク
  • ドライブ
  • スポーツ観戦
  • ペット

以下で詳しく説明していきます。

ゴルフ

ゴルフを趣味にしていると、結婚してからもお金がかかりそうというイメージを持たれる可能性があります。

実際はお金をかけずにゴルフを楽しんでいたとしても、やらない人からはわからないので敬遠されてしまいます。

また、ゴルフをしていない人からすると「一緒に楽しむにはハードルが高そう」と思われてしまいます。

ゴルフは経験者と素人の差が大きく出るので、気軽に一緒にやろうとはなりづらいです。

ショッピング

ショッピングもお金がかかりそうというイメージを持たれてしまいます。

ブランド物をよく買っているのでは?と思われてしまい、敬遠されるかもしれません。

オタク系の趣味

オタク系の趣味も敬遠される可能性があります。

例えば、

  • アニメ
  • アイドル

などがこれに当てはまります。

このような趣味を書いていると、お金と時間がかかりそうというイメージを持たれる可能性があります。

付き合っても趣味を常に優先しそう、と思われてしまうかもしれません。

海外旅行

海外旅行もお金を使うイメージを持たれてしまいます。

特に、頻繁に海外旅行に行っているアピールをしてしまうとそれがより強調されてしまいます。

ただし、海外旅行に関しては会話の話題にしやすいテーマですので、たまに行くくらいの感じで書いておけば問題ないかと思います。

ディズニーなどのテーマパーク

ディズニーなどのテーマパークは男性の中でも好き嫌いが分かれます。

好きな人はものすごく好きですし、人混みが苦手な方は敬遠してしまうと思います。

男性目線でいうと、ディズニーと書いてある時点であなたと一緒に行くことを想像します。

その時に、普段ディズニーに行かない男性は、うまくリードできなさそうと思ってしまいます。

そうなると「初めから申し込みするのをやめておこう」となるので、書かない方が無難です。

ドライブ

ドライブと書いているとペーパードライバーの男性から敬遠される可能性があります。

男性は、もしあなたから「一緒にドライブに行こう」と言われたら運転できないしどうしよう、と思って見送りするかもしれません。

特に都内の男性だと車を持たずに生活できてしまうので、ペーパードライバー率が高いことが予想されます。

ちなみにマイナビニュースの調査によると、男性で免許を持っている人のうち20.2%の方がペーパードライバーということでした。

実に5人に1人の割合がペーパードライバーということですね。

なので書かない方が無難だと思います。

スポーツ観戦

スポーツ観戦は書いても特にマイナスになる要素はなさそうですが、特定のチームが好きと書くのはおすすめできません。

スポーツ観戦を全くしない男性からすると、熱狂的なファンで趣味の方を優先しそうと思ってしまいます。

また、あなたが応援しているチームと敵対するチームを応援している方もいるかもしれません。

そのため、「スポーツ観戦で日本代表の試合を応援しに行ったりする」くらいに留めておいた方が無難だと思います。

ペット

ペットはアレルギーのある方は敬遠してしまいます。

また、ペットに愛情を注いでいるので自分に対して興味を持ってくれるのかな?と不安になってしまいます。

それと注意したいのが、ペットを飼っていることをアピールしてしまうと「実家暮らしなのかな?」と思ってしまうという点です。

実家暮らしなのは全く問題ないのですが、この場合は家事能力があることをほかの趣味でアピールしておいた方がいいです。

例えば、趣味が

  • ペットと遊ぶこと
  • 海外旅行
  • カフェ巡り

だとどうでしょう?

「実家暮らしで、稼いだお金を自分のためだけに使っていそう」と思われそうじゃないですか?

逆に、

  • ペットと遊ぶこと
  • 料理
  • 整理整頓

こんな感じの趣味だと、「実家に住んでいたとしてもきちんと家事をする人なんだな」という印象になると思います。

こちらの方が男性ウケがいいと思います。

男性ウケが良い趣味

男性ウケが良い趣味は次の通りです。

  • 料理
  • スポーツ
  • 映画鑑賞
  • 散歩、散策

以下で詳しく説明していきます。

料理

料理は男性ウケが抜群に良いです。

理由は簡単で、家庭的な面を見せられるからです。

また、結婚後に料理をしている姿を想像できますし、それだけでテンションが上がります。

本格的な料理を作れなくても問題ありませんので、料理をする人は書いておいて損はないですよ。

スポーツ

スポーツをする女性は健康的なイメージがあり、こちらも男性ウケが良いです。

また、スポーツは一人ではできないものです。

友達や会社の同僚などとスポーツをやっていることがわかれば、社交性があることも伺えて好印象です。

同じスポーツが好きならお見合いの時に話も盛り上がります。

映画鑑賞

映画鑑賞は趣味としては無難ですが、ウケもそこそこ良い趣味です。

理由は簡単で、「お見合い中に話をしやすい趣味」だからです。

  • 最近見た映画で良かったものは?
  • これから見たい映画は?
  • 最近流行っているあの映画って見ました?

などなど、初対面でも話をしやすいので正直ありがたいです。

あまり詳しすぎると引いてしまいますが、ライトな感じなら全然問題なしです。

散歩、散策

散歩や散策もウケが良いです。

散歩や散策が好きだと「スポーツまではやらないけど、体を動かすのは好きなんだな」という印象を与えることができます。

付き合ったり結婚した後も、一緒に街を歩いたりできそうと思えるので、スポーツが苦手な方にとっても好印象です。

まとめ

「婚活で男性ウケが悪い趣味とウケが良い趣味【男性目線で語ります】」でした。

最初にも書きましたが、ウケが悪い趣味を否定するつもりはありません。

どれも立派な趣味だと思います。

あくまで、お見合いの申し込みの際には男性は無難な趣味の女性を選ぶので、書かない方が無難ということです。

結婚相手の条件が「絶対に趣味が同じ人じゃないとダメ」なのであれば、お見合いの数が減るのを覚悟でそのまま書いた方がいいです。

趣味が違っても楽しく幸せな結婚生活を送っている夫婦はたくさんいますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

関連記事